ここから本文です

沿革

JLCのあゆみ

1992年4月17日
資本金1億円で設立
1992年5月4日
初のレース実況中継(住之江 第19回笹川賞)
1992年12月1日
開局 アナログ配信開始(当時は「放送」ではなく「通信」)
1993年4月1日
有料配信開始(月額視聴料金3,000円)
1994年4月23日
ボートピア釧路(現在は閉鎖)への映像伝送開始
初の場外舟券発売場への映像伝送業務
1996年3月11日
ボートレース専門誌 月刊「BOAT BOY」創刊
1996年10月1日
パーフェクTV!誕生
「放送」での配信を開始(1チャンネル)
1997年8月1日
月額視聴料金1,500円に改定
1998年9月1日
レジャーチャンネル2放送開始
1998年10月1日
レジャーチャンネル3放送開始
1999年8月1日
月額視聴料金980円に再改定
1999年11月4日
レジャーチャンネル4・5放送開始(5チャンネル化)
2003年4月1日
KYOTEI BB配信開始
2003年9月11日
JLCプラスワン放送開始 (6チャンネル化)
2006年7月3日
「競艇TV!レジャチャン」サービス開始
2009年10月1日
携帯サービス「JLCプレミアムクラブ」サービス開始
2010年4月3日
JLC386プラス放送開始 (スカパー! 最多の7チャンネル放送)
2010年12月11日
電子書籍「BOAT Boy デジタル版」販売開始
2012年4月
スマートフォン向け有料映像サービス
「ボートレース! レジャチャンSPアプリ」配信
スカパー!会員スマートフォン向け無料映像サービス「JLCスマート」開始
2012年10月1日
スカパー!ハイビジョン放送の開始
JLC683ガールズチャンネルの開始
2013年9月30日
放送方式の変更に伴い
スカパー!380~386ch放送終了
2013年10月1日
スカパー!680~686chに移行
JLC687プラスを加え、8チャンネル化
JLC683ガールズチャンネルをハイビジョン化し、
JLC684HDレディースチャンネル(現JLC684レディースチャンネル)に名称変更
2014年10月1日
スカパー!全8チャンネルをハイビジョン化
2016年10月1日
「レジャチャンオンデマンド」開始

※サービス・施設・レースについては当時の名称を表記



ボートレース業界の歴史

1952年4月6日
大村ボートレース場で初開催
1962年10月1日
単勝式勝舟投票法と複勝式勝舟投票法等、種類の法定化
1963年4月1日
連勝複式勝舟投票法の実施
1983年6月14日
ボートレースのシンボルマーク誕生
1985年5月26日
平和島ボートレース場で業界初の電話投票を実施
1986年8月12日
業界初の場外舟券発売場「ボートピアまるがめ」(現ボートレースチケットショップまるがめ)オープン
1988年4月1日
レースのグレード制(SG/GI/GII/GIII/一般の5段階)導入
1992年10月22日
江戸川ボートレース場で業界初のマークカード方式投票を開始(特観席内のみ)
1993年4月1日
関東地区共通会員制電話投票制度発足
1998年4月1日
全ボートレース場の全レースの電話投票発売を実施
2000年2月9日
施行規則改正で、三連勝単式・三連勝複式投票法(公営競技で初)および拡大二連勝複式投票法の発売が可能に
2001年3月10日
「やまと競艇学校」(福岡県柳川市大和町)を開設
2001年7月10日
日本初、公営競技界初のインターネット投票での発売が開始
2001年12月12日
日本初、公営競技界初の「iモード投票」を開始
2003年3月20日
公営競技界初、ネット銀行(ジャパンネット銀行)との提携により「即時入会・即時投票」が可能なインターネット会員募集を開始
2004年12月18日
電話投票の早朝発売実施
2005年3月14日
イーバンク銀行(現楽天銀行)との提携により、「即時入会・即時投票」が可能なインターネット会員募集を開始
2010年4月1日
モーターボート競走の名称を「競艇」から「BOAT RACE」に変更、合わせて「競艇場」は「ボートレース場」に、「競艇選手」は「ボートレーサー」に変更
「やまと競艇学校」の名称を「やまと学校」に変更
2010年7月9日
業界初のモーニングレース実施
2010年10月21日
~2010年11月2日
二連勝式舟券のみ発売・スタート展示なしの「2連勝ナイトフェスタ」開催
2011年3月11日
東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)発生、13日より3月末まで全場の開催を中止
2011年8月5日
東北地方太平洋沖地震により中止された総理大臣杯の代替としてSG 東日本復興支援競走を開催(戸田)
2012年4月1日
場間場外発売及び電話投票における締切時刻を本場締切の2分前へ変更
24ボートレース場及び一部の場外舟券発売場において全国総合払戻サービス開始
2012年4月23日
SG競走及び全国発売G1競走において電話投票の前日発売を開始
2012年4月28日
新プロペラ制度開始
2012年12月11日
第1回賞金女王決定戦競走(現クイーンズクライマックス)を開催(大村)
2013年10月3日
SG・プレミアムG1等に通称を設定(2014年より使用)
2013年11月1日
ナカシマ製プロペラ廃止
2014年6月1日
5つのSG競走にてメダル表彰制度を開始(第41回ボートレースオールスターより)
2014年12月13日
「出力低減モーター」を導入
2017年4月1日
やまと学校の名称を「ボートレーサー養成所」に変更